タグ別アーカイブ: ワウ

slooProImg_20130723093618.jpg

ワウケースの代わり

昨日のワウ話の続き。

最近ワウを練習に持って行くように。いや、前からワウはちょいちょい使ってたんだけど、それはChi-wah-wah(チウワウ)っていう通常のエフェクターサイズのワウでして。

チウワウはサイズ的にもノイズ的にも使い勝手的にもとってもよいヤツなんですが、いかんせん低音が若干弱く、変化のカーブが普通のワウと比較して急という短所もあり、ワウをちゃんと曲の中心として使いたい場合には力不足かなーと。

そんなわけで今は普通のワウを持ち歩いて使っているんですが、問題がひとつ。普通のワウはデカい。(だからチウワウ使ってたんですけども。)

まあデカいのは諦めるとして、どうやって運ぶか?これが問題になるわけです。普通にペダルボードに固定している人にはあまり関係ない問題かもしれませんけども、僕は固定したくないので。。。

で、ワウってデカいだけじゃなく、かなり重いので適当にバッグに突っ込むと本体も周りも傷がつきやすいので、なんかケースにいれないとまずいと。。。

そんなわけでワウケースみたいなキーワードで検索してたんだけども、ワウの筐体自体をワウケースという事もあるらしく、なんか混沌とした結果しかなく。そもそも楽器屋に行ってもワウだけをいれる事を想定したケースってないのですよねー。

んで、しょうがないからハンズとかで適当なサイズのヤツないかなーとか思って探してみたものの、どうもしっくりこない。
で、しばらく悩みました。そして。

あ、アレがあるじゃないか!


ふと閃きました。
そのアレとは。

レンズケースです。カメラの。

カメラのレンズってアホみたいにデカくて長いものが結構ありますので、ワウにぴったりなサイズのヤツがあるんじゃないかなーと思ったんですよね。

で、ヨドバシに行って探して見た結果なんかよさそうなの発見。コレ。


パッと見水筒ですが、レンズケースです。本体自体はかなり軽く、レンズを入れる事を想定しているので楽器のセミハードケース並の強度がありそう。
価格は店によってかなりまちまちですが4000円付近が実売価格かと。
僕は安売りに運良く当たったので3000円もしなかったです。

そんで、このサイズならちょうど良いんじゃないかと思って、家に帰ってからドキドキしながらワウを突っ込んでみたところ。。。

ジャストフィット!

slooProImg 20130723093618 ワウケースの代わり
これはジャストフィットですよ。

見た目はそれほど良いもんではないですが、どうせ別のトートバッグに突っ込むし問題なし。

そんなわけでワウケース決まりました。これでぶつけても傷にならずにすむぜ!

カメラ系のケースは音楽系の機材とも相性よさそうなもの多かったので、今度また暇な時にでもじっくり見てみよう。


ワウのノイズ対策

日曜はAvantiの練習日。

前回の練習時に、ワウとディレイだけのシンプルセットのはずが、ノイズがひどいという状況だったので、今回は対策たてて臨んだ。

ワウとディレイそれぞれの必要電力、電流とか、アダプタのスペックとかを一応調べた。
安定化電源をもちこみ、さらにバッファをかましてみる。
コードの予備をいくつか用意してノイズがでるようなら変えてみる。

などなど。

結局、前回のノイズは主にアダプタからワウまでのコードのささりが弱かった為と判明。
ワウは構造的に力が非常に強くかかるので、抜けちゃったんだろう。

1mmくらいの緩みだと、全然稼働するのでなかなか気づきづらいけど、今後は一番に疑うポイントとしよう。。。

しかし、それでもサーってノイズは軽く出るんだよなー。あと足を乗っけてる時には出ないノイズが、足をはずすと出たり。これは足がアースになってるんだろうけれども。。。

ノイズには毎度悩みます。
あんまり詳しくないもんで。

そんなわけで、いまはこの本でお勉強中。Free The Toneの林さんの本。
まだ途中だけど、とても為になります。


slooProImg_20130318100746.jpg

Strymon mobiusをワウとして使う。

ようやくMobiusが道具として使えるようになってきた。

slooProImg 20130318100746 Strymon mobiusをワウとして使う。
Mobiusの動画でfilterとExpression pedalを使ってワウにしている動画があって、これならチウワウはいらねーなーとか思ってたんだけど、どう設定していいかよくわからなかったので、だいぶ放置してた。

んで、色々試してみて、なんとかワウのセッティングができたので、一安心。

ただ、ちょっと説明書を読んだだけでトライしたところ、何度もつまづいたので、以下にそのつまづきポイントをメモしておく。

まずひとつめのつまづきポイント。

MobiusのExpression Pedalは同時に複数のパラメーターを変更できる

という点。

Expression Pedalは完全にひとつのパラメーターを操作するもんだと思い込んでいたので、EP SETの設定で、アサインパラメーターをひたすら探してしまった。
また、マニュアルをよく読むと、EP SET>Heelのところで変更したいツマミをすべて可変幅の最低とし、EPSET>Toeのところで、各最高値を設定し、そのあとValueボタンを押せ!みたいなことが書いてあるが、実際にHeelの画面でツマミをいじっても、モニター画面上になんの変化も出ないため、本当にこれであっているのかわからず、何度もやりなおした。。

つまづきポイントその2。

EP側のセッティングを忘れた。

Expression Pedal側でパラメーターの可変幅を変更できるモデルのものを使っているのだけど、そういうものと知らず、あれーほとんど音変わらないじゃん。。。とか思っていた。

よくみればわかることなんだけど、つまづきポイント1において、パラメーターが正しく設定できたか大変自信がなかったため、完全にMobius側の設定か仕様の問題であると誤認した。


以上二点を乗り越えた結果、普通に使えるように。

チウワウと違って光学式ではないために、ワウの起動にいちいちスイッチ操作が必要ではあるものの、ノイズもなく使える良い音がする。ただし、可変幅はMAXにしてもそれほど広くないので、超エグいワウ効果を期待している人は、普通にワウペダルを持ち歩いたほうがよいかと思われる。

でもひとつのExpressionでいろんなパッチのパラメーターを操作できるのはとても楽しい。ロータリーとか、かなり良い感じに変化できるので、もうちょっと色々やってみようと思う。