タグ別アーカイブ: ベース

ベースのピック

Ori-skaリハ。
ベース用のいつも使ってるピックを何故か忘れてしまったので、いつも持ち歩いてるギター用のピックを使って弾いてみたら意外と悪くなかった件。

いつものベース用はオニギリ形のフェンダーのべっ甲色のハード。
対して、今回使用したのはノーブランドののティアドロップ型でMediumとThinの間ぐらいのもの。

ハードの方が音の立ち上がりが早いので、タイトなリズムを刻むには適してるような気がしていたんだけど、柔らかめのほうが力まないで弾けている気がした。
腕で鳴らすというより、楽器本来の鳴りをコントロールしていく感じというか。

最近ギターのほうでも、ピッキング時の弦の跳ね返りを感じながらビートを刻むという弾き方になってきているので、それの影響かも。

試行錯誤の余地はまだまだありそうね。
ピッキングはやはり難しい。


ゆっくりな曲も練習しないとまずい

ここんとこバンドでベースのyuya氏が不在にすることが多いので、一度やってみるかみたいなノリでAvantiのベースを弾いてみた。

まあ、わかっちゃいたけど、ダメダメですわ。
ジャンルが違うのもあるけど、テンポが日頃弾いてるものと全然違うので、ちょっとなにやっていいかわからない。

特にバラードとかになると、展開力みたいなものを求められますが、そういうのが皆無な手癖野郎ですので、セッションとかでは使い物にならんなあとションボリしましたよ。

というわけで、ちょっとスローな曲のベースを勉強したいという気になったわけです。とりわけバラード。

バラードって言ってもいろんなタイプのものがあると思うんだが、とりあえず今やりたいのはピアノを主体とした4beatか8beatのやつです。
misiaとかが歌ってそうなやつね。

よくよくこういうのを聴いてみると、基本的にベースはルートを中心に弾いてるんだけど、プロのやつは、ただのルート弾きでも明らかに自分のと違うんだよね。

なんというか、ちゃんと休符を弾いていますよね。そして、ここぞというところでオカズをいれますね。
言葉にしてしまうと、ほんと陳腐な事しか言えないんだけど、一音一音が本当に責任のあるノートになっておるのよなあ。
こちらは無責任な音しか弾けてないですよ。。。

とりあえず経験が絶対的に足りないので、コピーを色々やって分析してみるしかなし。


アクティブの電池切れ

リハにて。なんか妙に音がスカスカでハイに寄った音しかでないなーと思い、アンプがおかしいのかとか、エフェクターのセッティングがおかしいのかと色々ためしてみたが、やはりこれでした。内蔵プリの電池。

コンビニで電池買って、入れ替えたらばっちり低音復活。いつもの図太い音に。

しかし、アクティブの電池切れってわかりづらいんだよなー。ちょっと聞いたくらいじゃ、消耗してるってわからないので恐ろしいわ。
また電池が結構長いこと保つので、いつ最後に交換したか忘れてしまうんですよな。

電池交換の日をカレンダーに記しておくとともに、ライブ前は必ず入れ替えるようにこころがけておこう。


ベースの歪みを検討

ベースはクリーンでしょ!というポリシーで今までやってきましたけれども、ほんのひとつまみ程度塩加減の歪みニュアンスを混ぜることで、アンサンブル時に音が馴染んだりするってことっぽいので、ちょっぴり検討中。

そもそもうちのBOSSA UJB-5さんは結構パワーのあるアクティブサーキットを搭載しており、hi,mid,bassのブースターみたいのがついてる。(要するにeqなんだけど、効きがすごく強いのでブースター扱いで。)

それをやや強めにかけると、それだけで軽い歪みを得られるんだけど、結構極端に太くなってしまって、他のメンバーの音を潰してしまいがちなので、基本はオールフラットで奏法に応じて、ちょっとだけ調整するくらいがちょうどいい。

じゃあどこで歪みを得るか?

当然アンプ、アウトボードプリアンプ、エフェクターの選択肢がある。

アンプとアウトボードの効果はある程度わかってる。
アンプは結構しっくりくる音になるけど、一度決めちゃうと曲ごとに変えにくいし、そもそもPAにラインでとられたら全く意味がないので、これは却下。
アウトボードはアギュラーのトーンハマーていうごちいのを持っていて、こいつのAGSていうスイッチで軽いオーバードライブをかけられる。
ただ、このトーンハマーは足元機材のわりにデカイ、重いという問題があり、さらに、今の音質調整はコンプとクリーンブースターでやっているので、わざわざ持ち出すのがめんどくさい。

じゃあどうするか?てことで、結局エフェクターがファイナルアンサーになる予感。

手持ちの歪み四種類(riot,honeybee OD,screamer fuzz,MAR)を検討してみたところ、予想通りhoney beeが一番良さそうな雰囲気。
これはギター用なんだけど、想像以上に低音が落ちない。もちろん多少は落ちてると思うんだけど、eqで補整できるレベルな気がする。

あとEP boosterがまだためしてないので、これも検討か。でも、これはワンノブだから歪みとクリーンをつかいわけられないんだよな。。。

とりあえず次回のスタジオにでも持っていって具合をみてみることにします。


ベースの指弾き特訓中

最初のベースを買ってから、もう5年は経過しているので、そろそろもうちょっと上手になりたい。

自分が一番苦手としているのは、指弾き。
どうしても右手に力が入ってしまって、スムーズに8を刻めない。
変なところにアクセントがきたりしてしまうし、左手と完全に動きがリンクしていなくて、左の動きもなんかぎこちなくなってしまう。

そういう状況を打開すべく、去年からちょっとずつ練習をしていたんだけど、最近なんかコツをつかめた気がしており、前よりだいぶよくなった。

さらになぜかスラップも良い音が出せるようになってきたので、全体的に右手の技術が向上した感じ。

そんで、先日ちょっと16のちょっと早いテンポ曲を練習し始めてみた。

んが、

どうにも三連符がおいつかない。
どうやら参考にしている動画をよくみてみると、一部で薬指を使って弾いている。

そんなわけで、右手の薬指を使うトレーニングを開始しました。ギターでは使っている指だから、そんなに習得に時間はかからないと思うんだけど。。。

はやく三連のゴースト入りの16をブリブリ弾きたいものです。


slooProImg_20130218095243.jpg

ストラップ変えたら世界が変わった

スタジオ話が続きます。
ロスクロを試した日のスタジオで、これまたずいぶん前に買ってあって、そのままにしていた新しいストラップをテスト。

これまでのストラップは革の肩にかかる部分だけ肩当てがついている、フェンダーのスタンダードタイプ。
で、今回導入の新しいやつは、かなり幅広めのクッション素材のやつ。

slooProImg 20130218095240 ストラップ変えたら世界が変わった
で、テスト結果なんだけど、ベースが体に密着して、かなり弾きやすい!
苦手な指弾きもわりとスムーズに弾ける気がする。
また、練習後に肩が凝ってないのですよ。これは素晴らしい効果。

そんなわけで、オススメな太巻きです。
サドウスキーだかのストラップで似たようなのがあって、最初はそっちにしようかなと思っていたのだけど、安いほうを選んで正解でしたw。
ブランド名はよくわからないけど、写真をここに置いておきますね。

slooProImg 20130218095243 ストラップ変えたら世界が変わった


ベーアンの音作り

こないだの練習のときの設定。

20110307 121844 ベーアンの音作り


EQってむずかしくてよくわかんないんだけど、各パラメータのコピペがあったのでのっけてみる。

これによると自分のサウンドのポイントはエッジと空気感のコントロールにあるということになる。

ーーー
6.4k=音のきらめき、エッジをコントロール
3.2k=音ヌケ
1.6k=アタック感、ゴツさをコントロール
800=粘り感、腰
400=太さ
200=低域の鳴り
100=空気感
ーーー

まあ、コピペなんで参考ですけど。
しかしこれアンプのセッティングなんですけど、ライブになるとアンプのセッティングなんて、中音用だけだから困る。
前回のOri-skaライブなんて音ペラペラ、ばきばきだったからなー。ほんと嫌がらせかと思うくらい。
自分のプリアンプはHiとLowのコントロールだけのパライコなんですけど、もう少し細かいところまで設定できるグライコももってたほうがよいのだろうか。いや、しかし。


ベースはスポーツです。

土曜日はOri-skaの練習。
いつものスタジオで13時から18時まで休憩をはさみながらの練習。

練習終わると、もうどうしようもないくらい両腕が筋肉痛になる。
ギターの時はわりとそうでもないのだが、ベースは弦が太いのと、あまり譜面上の空白がないのとで、負担が高いのだろう。
とくにうちのバンドはテンポ速い曲が多いからなおさらだね。
もうすこし筋肉つけたらラクになんのかしら。


愛器との出会いまとめ

楽器って出会いですよね。特に生楽器。僕はギター4本、ベース1本を所持しているけど、全部購入した日のことを覚えております。

ちょっとまとめがてらかいてみよう。

1.Fender Japan Jazz Master

→高校一年の時にギターをはじめて(そのときはフェルナンデスのエントリーモデル)、ちょっと弾けるようになった高校二年生の頃に、お年玉をフル投入して購入。

当時やっていたバンドはJ-POPのコピーだったので、素直にストラトとか、レスポール的なものを買えばよかったのに、なんとなくスタンダードなものが嫌でこれになりました。

Jazzの名の通り、ピックアップをフロントに入れるととてもマイルドな音になります。リアにいれると轟音系ロックにもつかえるようで、結構対応できる音楽の幅は広いです。

但し、プレアビリティという点で言うと、その他のギターからは一歩劣るかもしれない。ブリッジの弦がはずれやすいという致命的な弱点があったため、ブリッジのみムスタングのものと交換をしました。

このギターのトーンが今の自分の音楽の基礎になっているのではないかと。

最近電気回路がいかれ気味なので、そろそろ調整にもっていかないとな。

2.Fender USA CS StratoCaster

6年ほど前にAvantiを組んですぐ新しいギターがほしくなったんですね。

ギターをはじめてから、既に7年が経過していたので、さすがにJazz Masterのよさも悪さもわかっていたので、そこをカバーして余りある本格的なメインがほしくなっていました。

色々調べたあげく、やっぱりいいストラトが一本あれば今後役に立つと思ったので、御茶ノ水の楽器屋で何本か選んで決定。

しかし購入してすぐは音作りのノウハウも、エフェクターの使い方もほぼ理解していなかったので、なんだかつかいこなせず悩む日々。

最近になって、鳴りもよくなり、音作りも含めて徐々に使いこなせるようになった気が。

3.Ovation Adamas Collectors 2002

Avantiの第二期が終わって、effigie体制に移行する直前くらいにふと立ち寄った津田沼の楽器屋で突如出会った、最強メイン。

アコギはこれを購入するまで、ほぼ敬遠していたのですが(なんとなくストリートミュージシャンのイメージがあった)、このギターの体に響く倍音を聞いてしまってからはもはやトリコです。このギターを購入したのをきっかけにAvantiのアコースティック化が進行していったのでありました。

4.Real BOSSA Design UJB-5M

Ori-skaでベースを弾きはじめてから一年半くらいたって、このバンドのサウンドクオリティをもっとあげたいなーと感じたので、その前まで利用していたアイバニーズの安いヤツを売り払って購入。
渋谷の楽器屋を何件かまわり、ネットで評判などもおさえつつ、かなり注意深く選定した一本。
パワーがあって、どっしりしたマイルドな音が素晴らしい。
これとサドウスキーのプリアンプを組み合わせた音が自分のベースの基本トーン。

Bossaというメーカーはあまり聞かないけども、どうやら大阪の職人さんの個人工房のようで。http://www6.ocn.ne.jp/~bossa/

5.Godin JES 20th Anniversary ACS Limited Edition

1番最後に購入した今最も使っている第四期Avantiのメインギター。
エレガットです。Avantiの為に作ったどの曲にもマッチするし、エフェクターのノリもよく、最高です。ライブのときは、エレキとアコギどちらをもっていこうと、これを購入する前はよくおもっていたものですが、今はこれ一本でなんとかなってる感じです。ライブにはできれば、色々ギターをもちこみたいけど、持ち運べる数には限度があるしなぁ。

見た目に完全にほれてほしいなーと思っていたのだけど、あまり手ごろな値段ではなくあきらめていたところ、新宿の楽器屋で半額近い新古品を発見。にゃんまげにとびつくがごとくの勢いで購入。

色々買ったけど、どの楽器も手放せない大事な相棒でございます。