タグ別アーカイブ: テレビ

スカパー 欧州サッカーセットに加入

そういえば先日加入してたんで。その件について。

テレビがぶっ壊れたのをきっかけに、今まで繋がらないと思っていた自宅のBS/CS配線を見直してみたら、なんかちゃんとやれば普通に繋がることがわかった!

まあ、いままでテレビのアンテナの仕組みをよくわかってなかっただけなんですけどもね。分配器やら混合機やらというものをアキバで買ってきて、ちゃんとセッティングして、無事に衛星放送が見られるように。

んじゃあってんで、スカパーの無料トライアルにチャレンジしてみて、思ったより欧州のサッカーを見るのが楽しかったので、加入を決めました。

とりあえず今のところ録画も含めて、毎日一試合くらい見ているところ。
夕食後の楽しみが増えて嬉しい。

基本ブンデスとセリエを見ますけど、どうやらJリーグもちょっと見れるようでラッキー。
柏と川崎をこっそりと応援しておりますよ。


テレ朝VS橋本氏

朝、Twitterにて橋本市長がテレ朝の報道ステーションで従軍慰安婦問題について話すということなので見てみた。

そしたらば、まあ、ひどい番組。
報道ステーションが最低なのは前から知ってたけど、今回は特にひどかった。

大体こんな感じ。

VTR(橋本はひどい。)

ゲスト いやVTRごもっともです。

橋本氏反論

ゲスト おいつめられる

司会 次のVTRです。

VTR(橋本はひどい。)

、、、まじでこんな感じだった。

韓国はもちろんのこと、アメリカ、自民、野党、大阪市民、維新の身内全員が、橋本反対派みたいな見せ方。
橋本氏の反論はVTRのたびにリセットされる。これって討論番組?つるしあげ?

僕自身は歴史認識については橋本氏と共通しているところもあるし、違っているところもある。

しかし、彼は各個人で歴史認識が異なるのは、許容できると述べている。(もちろん同党の共同代表で最右翼といわれる石原氏への配慮もあるだろうが。)


彼の伝えたいポイントは歴史認識そのものではなく、敗戦国として、戦争責任をまぬがれることはできないが、その中の行為について日本だけが非難を浴びるのはおかしいから、ちゃんと主張しましょうよとのことだった。

ところが番組の論旨は、ハシモトの歴史認識はおかしい、変な発言するな、みんな怒ってるという内容で、司会の長野氏の最後のコメントは「表現には気をつけて下さい。」

そもそも、朝日のでっち上げ記事のせいでこんなことになってるのに、ちゃんちゃらおかしいんですけど。

いやまあ、歴史認識の事は今日はおいといて、表現に気をつけて下さいってのは、本当にありえない。お前がいうかと。

表現をねじまげてるのは、他でもないメディアであり、テレビであり、朝日であり、この番組。

問題提起をしない政治家になんの意味があるの?って話。

これまでだって勇敢な政治家が問題提起をしてきたけれど、それを先回りして潰してきたのは、中立性を欠いた報道メディアだった。

その報道メディアに、「表現への配慮」なんてものは、今やまともには存在していないように思うんだが。

少なくともテレビメディアに自浄作用がないことはもう十分に理解しているので、ぜひぜひ今後ともソーシャルに裁いてもらっていっていただきたいところです。

本当に最悪の番組だったよ。