タグ別アーカイブ: シールド

NudeCable Type-Aが生産終了かー

以前、こんな比較をしたこともありましたけれども。。。

ベース用にシールド4種類弾き比べ

現在はギターもベースもシールドはパッチがFree the toneで、通常のものはNude Cableというものを使っています。

このNude Cableはネットを適当にあさってるときにひょんなことから見つけたもので、行徳WILDFLOWERの池田さんという方が開発した素晴らしいシールド。

とにかく音の抜けと立ち上がりが最高によく、アン直で利用すると、薄くコンプかけてる?みたいな反応のよさです。
一時期、ベースについてはアン直ばかりで弾いてる時期もありましたなあ。

そのアコギ用であるType-Aが残念ながら生産終了とのことで。

こちらのType-Aはだいぶ前にゲットしていて、それまで使っていたエリクサーケーブルとは一体なんだったのかというくらいに愛用しています。

自分の機材の中では、アコギはもちろんGodinのエレガットでも利用していますが、エレガットとFlintとこのシールドの三点セットで、かなりの生っぽさを再現することができているような気が。
大変ピュアな音質で、気持ちの良い高域と広いレンジを持ち、それでいて、狙ったポイントに適度にチューニングされたType-Aならではの音色を提供してくれます。
個人的にはアコギよりもエレガットのほうが、このシールドの特性、効果を感じることができます。まあ、うちのアコギはオベーションなので、若干特殊なサウンドのブツであるということもありそうだけど。

Type-Aはプラグ付近がかなり長めなのとケーブル自体が太く、かつ、硬めの資材でコートされているという点で、持ち運び時に結構かさばるという欠点はありますが、プラグを抜く瞬間に信号が遮断されるギミックを搭載しており、モニターが爆音で鳴ることがないなど、通常のNUDE CABLEにはない利点があり、すごくよくできています。

そんなわけで、Type-Aは廃盤ですが、今後とも愛用させていただく所存。

しかしアコギ界隈は、Fishmanとかのペダルメーカーもだいぶ規模縮小しちゃったし、ここのところ元気がない感じで。。。
あんまりアコギは弾かなくなりましたが、弾いてるときの倍音の気持ちよさはエレキにはなかなかないものなので、せめてよいものが残っていくようであってほしいもの。。。


slooProImg_20130426092648.jpg

パッチケーブル変えた。

いままではベルデンのパッチ使ってたんですが、結構窮屈なところがあり、変えてみた。
自分で長さを調整して組み立てられるFree the toneのものを利用。

■以前
slooProImg 20130426092648 パッチケーブル変えた。
■現在
slooProImg 20130426092645 パッチケーブル変えた。
これはだいぶすっきりした。
前のものは余った部分をボードの下に曲げていれてたんだけど、床下がちょっとデコボコになってしまっていたところがあり、たまにガタガタするのが気になってたんだけどこれで万事OK。

音の立ち上がりも前より早いような気がする。ゴールドパーツだから?
色も好みです。


ベース用にシールド4種類弾き比べ

ライブで使うシールドを決めるべく、自宅にて実施。
使ったベースは愛器Real BOSSA Design UJB-5M。まあ、アクティブのジャズベースと考えてもらえれば。アンプはベーアンではないですが、アコギ用のBINGO2を利用。カバーしている帯域は広いアンプなので、評価用として使う分には、まあよしとして進めます。

んで、評価したシールドを。
1。モンスターケーブル JAZZ
2。エリクサーケーブル
3。Xotic Belden
4。Oyaide G-spot

先に結論から言ってしまうと、ベースは当分Xoticを使うことにしました。

あんまり詳しくもないので、以下簡単に。

モンスター→なんというかかなりクセの強いケーブルで、とてもパワフル。スラップとかする人には向く気がする。あとファンクとか?ややドンシャリ風味に音が作られる感じ。

エリクサー→レンジの広さを感じる。そしてなんの味付けもない感じ。まさにフラット。レコーディングには一番向いてると思う。

Xotic→ミッドが持ち上がりつつ、キラキラした感じの音になって、アンサンブルの中でとても映える。

G-Spot→Xoticと似ているけど、それよりさらにミッドが持ち上がって、少しもこっとした音になる。やっぱりギター向きかなという感じ。

結果、今月のライブではベースはXotic、アコギはエリクサー、エレキはOyaideにすることにしました。
モンスターはいつかまた使うことがあるだろうか…。なんかパッシブの機材にアクティブぽい風味を出したい時につかうシールドかなって感じがします。とりあえずしばらくはお蔵入りしそう。

そんな感じで。