カテゴリー別アーカイブ: 制作(音楽)

Logic Pro Xが出たってか。

なにやら出たそうで。
相変わらず他のDAWと比較したらあかん価格ですが、どうなんでしょう。



なにやらだいぶGalagebandっぽくなった模様ですね。
iPhoneやiPadで作ったガレバンのファイルも読み込めるとかなんとか。

ドラムの機能とピッチ補正系のプラグインが強化とかなんとか情報がありますけれども、なんかよさげ。

実際触ってないんでなんともうやむやなことしか書けないですが、なんか名作な匂いはプンプンするんだよな。。。

しかしLogicはチュートリアルのビデオがすごい充実してますなあ。
ちょっと一通り見てみるかな。


その昔の音声編集

前のエントリでiPad使って音声編集したぜーみたいなことを書きましたけれども、昔は結構大変だったなって話。

高校時代に部活(演劇部)で音声編集が必要だった時は、まずCDからミキサーにつないで音を再生しつつ、テープやMDに録音みたいな感じにしていたわけで。
当然、サビの部分だけ綺麗にカットねーみたいのはそうとう手間がかかるし、やり直しもそうそう聞かないしなかなかしんどい作業だった。

また、シーンの練習するたびにテープの整理とか巻き戻しとかも発生。当時はMDを二つ入れられるデッキとかなかったし、デッキ自体も一台しかなかったから、テープはまだまだ主役だった。

いまやこんなのiPad一台で全部できてしまうわけだねー。すごいというか、音効さんも普通におまんま食い上げですわ。。。


CUBASISが割と便利

CUBASISはiPadの音楽制作アプリ。
CUBASEというPC版のやつをベースにして制作されてるようなんだけど、あんまり使う機会もなかったから放置してたところ、今度ある結婚式の余興でBGMをつなげるというちょい仕事がありましたので、これでやってみた。

結論としては、これだけで結構いけちゃうかも!という出来。
オーディオもMIDIも扱えるし、操作は直感的。
わりと落ちるけど、立ち上げ直すのに時間はかからないし、落ちたところから再開できるので、それほどストレスでもない。

エクスポートも楽で、m4a、wavの両方に書き出し可能。
書き出したものをGoodReaderで開いて、SugarSyncに送ったり、SoundCloudに送ったりすればそれだけで共有完了。なんて便利なんだ。

もうちょっと使いこなして、これでアレンジ出来たら電車の中とか、カフェとかで作業ができたりしちゃうわけですな。これはなかなかいい。


昔はできた事

大学時代に組んでいたバンドのメンバーから久しぶりに連絡があり、そういえば解散して10年だなと思いまして、久しぶりにスタジオにはいる流れになってきた。

んで、手分けして昔の譜面を探したり、音源を探したりしていると、色々とツッコミどころ満載なバンドだなあとか笑えてくるわけなんだが、しばらくすると演奏や作ったものの良い面が見えてきて意外と得るものがある。

先日のギター話で、昔は音作りがひどかったなぁとか書いたけど、今よりもロックっぽいアプローチを意識して弾いたりしてるところがあったり、楽曲中全部四和音でなくて、サビにトライアドを持ってきたり、頭使って工夫しる感じがあるのがわかる。
メンバーの演奏にしたって、当時はあまりちゃんと聴いてなかったのか、今聴いてみると意外とセンスいいじゃんてところも所々にある。

このバンドのサウンドは他にはちょっとない感じを目指していて、一見ダサくてカッコ悪いことも試してみたりしていて、随時前に進んでる感がある。

最近は全く曲作りが進まない僕ですけども、自分でちょっと自信がないものでも、一度出してみて改良していけばよいのかなと、ちょっと軌道修正。
過去に学ぶのもたまにはよいものです。


来年の音楽性メモ

今年は足下の機材が完成し、自分のトーンがかたまってきたように思う。
それから多分ここ数年で1番上達した。まあその前が成長しなさすぎだったんだが、ベースの成長にひきずられて、ギターも少しよくなった模様。
しかし全然まだまだです。

来年はこんな感じに成長したい。

■アコギ&エレガット
なんちゃってではないまともなボサノバが弾ける様になりたい。
歌伴能力をあげて、他の楽器やボーカルとデュオでやっても、サマになるフレーズを増やしたい。右手の表現力を強化。

■ベース
16ビートのファンキーなフレーズを弾ける様になりたい。あとはバラードのベースを沢山弾いて、カンドコロをつかみたい。

■エレキギター
エレキに限らないけど、リード時のリズム感の強化。なぜかエレキの時が1番ひどい。
ペンタをもう一度見直す。マイナースケール三種をいい加減に覚える。

とりあえずφ(`д´)メモメモ…


メロディラインを考える。

メロディラインを考えるのが結構苦手なんじゃないかと。

Avantiのラインは結構簡単なラインが多くて(バラードを除く)、比較的歌いやすい部類に入ると思うのだけど、まだまだアカペラで歌ったときの存在感が足りないラインだと思う。

コードの響きに依存しているというか、そんな感じ。コードを優先にして曲を考えているので、そうなるのかなとも思う。

メロディ優先で曲を作ることの難しさは、どうしても聞いたことのあるメロディを模倣しているのではないかと思ってしまうところにある。いいメロディが浮かんでもあれ?これパクリじゃない?あの曲に似てない?ていう感覚が大体の場合においてある。

なので、メロディラインのオリジナリティをどうやって高めていくか?が、今後の作曲面での自分の課題。

とりあえず、気づいて実践しているのは、頭の中にメロディを思い浮かべる時の音色をかえてみるという手段。ラインを作るときには、今まではボーカルの声色に近い、好きな歌手の声を思いうかべながら作るという手法が自分の中では一般的だったんだけど、この思い浮かべる音色を管楽器にしてみたり、弦楽器にしてみたりすると、浮かぶフレーズがちがってくる。

今はピアノの音色が一番しっかりしたラインが作れるのではないかと思い実践中。

来年は最低でも5曲は新曲を作りたいところです。遅筆ですが、新しいバンドを組んだ時のような気分でがんばります。