カテゴリー別アーカイブ: イベント参加

イベント参加

もうすぐ父の日ですが母の日

すぐに父の日がやってきてしまうのでなんですが、今年の母の日は実家にウニを贈りました。

去年札幌に行った時に入ったうにむらかみというお店のウニ。

Ranking 魚介・海鮮料理 | さっぽろ駅(札幌市営)


ここがうにむらかみなんだけど、ミョウバンなしの生うにが絶品。
他にもウニのおにぎりとか、うにのグラタンとかを食べたはずだけど、それもかなりうまかった。

んで、親はウニ丼にして食べたとのこと。イクラをのっけようかと思ったけど、鮮度がよいのがなかったので、カニを追加してみたとのこと。
なんともうまそうではないか。

ああ、会社の近くとかにおいしいウニ丼とか出してくれるお店はないものかなあ。。。


レッドシューズでEL CAT

Ori-skaの黒いニーハイテナーこと雪。氏の参加しているEL CATのバンドを見に表参道まで出かけてきましたよっと。

なんか勝手にしやがれのバリトンの人が企画して、トランペットの人のバンドも出るらしいよーくらいの前情報はあったんだけど、実際に目にしてみるとなんたるクオリティ。



てか、勝手のメンバーでトリオじゃないですかと。
これで1000円とは、自分の日頃のLIVEのお値段と比較して考えると、なんだかこっぱずかしく、ほんのり泣けてきてしまうレベルですよ。

ちなみに本隊のバンドはこちららしい。これもかっこいいなあ。



レッドシューズはなんかレストランみたいな品揃えで、食事をしながら音楽をみれるという非常に珍しいスタイルの小型ライブハウス。いいなあここ。

そんで、出てきました。EL CAT。
動画は調べたけどなかったので、猫つながりでこれで勘弁してください。



コピー中心とのことなんだけど、とってもまとまりのあるバンドでした。ちゃんと練習してるんだろうな。
メンバー全員女性ということですが、やっぱり女性だけのリズム隊に目がいってしまった。
ドラムが男性顔負けのパワードラムで、ギターもやはり男性顔負けの野太い音、ベースもピアノもパンチがきいてていい感じ。なにより、正確で安心してきいてられます。
もちろんホーン隊も音が厚い!
tuttiのガツンとくるサウンドがなんともよかった。
残念なのは歌のボリュームが小さかったことだなぁ。あれはPAがイマイチだったように見えたんだが調整できなかったのだらうか。。。
歌は上手なのにもったいなかった。

満足してライブハウスを出たあとは、表参道の一風堂でラーメン食べたんだけど、アルコールと背脂のコンボで内蔵がやられたのか背中がしんどくなり、帰宅後に即ベッドに突っ伏してしまうという壮絶なラストになりました。


収録ライブだった。

詳しいことはTVKの放送をみてね!
、、、では、終わってしまうので、軽く感想を。

とりあえずリハで対バンのみなさんがめちゃくちゃうまかったので、大変なプレッシャーでしたものの、我々は急にうまくなったりできないので、せめていつもの練習くらいには演奏できたらなーと思っておりました。

んで、リハ終了後に、もう一度スタジオに入ったりして、体をあっためたり色々あがいてはみたものの、結局本番は、個人的に結構ボロボロなしあがり。

練習時には目をつぶってても弾けたりするんですけどもね。本番になると急にそれがなくなるのはどうしたものなんでしょうか。
体も固かったので、本番対策というのをもう少し練れるとよいなと。むむむ。

しかし、お客さんも結構入ってくれて、にぎやかなLIVEでした。

終了後はうちあげで久しぶりにアルコホールを飲めましたので(いつもは車だったりするので。)、たいへん楽しかったものの、終電が某線路立ち入りの影響で激混みしておりまして、さらに、迷惑なおっさんが押した押さないでギャンギャン騒いでおり、ライブ以上に精神力を消耗したりしましたよ。

こういうとこはやっぱり車のほうが楽だなあ。楽器持って終電てのはかなりキツイ。
ベースもかなり圧迫されてたので、ややネックが心配。

まあ、それでもやはり楽しく思い出深い一日になりましたよ。


プレゼンスキルの向上

某営業がんばれクラウドのセミナーのために、六本木まで行ってきた。

最近はだいぶパワポパワポしてるプレゼンは減ってきたのかな。
パワポを使っててても、大分プレゼン慣れしている人がセミナーを担当していて、極めて高品質だった。

上手な方々を見ていてよいなあ思ったこと。

  • パワポ一発とかはやらない。動画やデモ、ゲストなど複数の素材を用意して、場面の転換をはかる。
  • アジェンダに時間配分が提示されてる。
  • 手ぶら。PCの前にずっといるとかない。
  • メッセージが首尾一貫している。それが最初と最後に必ず出てくる。
  • Twitterのハッシュタグを活用

まあ、実際にここに書いたことを実践できる社内プレゼンターなんて、基本皆無だと思うんだけど、やっぱり見習いたい。

結婚式の披露宴のスピーチとか、意外な場面で、高度なプレゼンを要求される場面もあるし、スキルは身につけておいて損はないというか、それがないと大損する。

部内セミナーとか、仲間内の勉強会とか、気軽にスキルを伸ばすためのリハーサルプレゼンを実践できる場面はいくつかあるはずなので、なんか検討してみよう。場数あるのみというのもあるもんね。こういうのは。


もうすぐライブ

今週木曜日にOri-skaでライブをやりますよって話を再度。

珍しく対バンですが、TV収録なのです。テレビ神奈川。

テレビといえば以前もTOKYO BOYっていうTOKYO MXの番組に出させてもらったんだよね。
あの時は今とはまた違ったメンバーだったけど、大変よい思い出になった。

あの番組でよかったのは、プロにその場で講評してもらえた点。
番組を盛り上げるために随分持ち上げてもらったとは思うんだけど、なんか題さんからコメントをもらえた事が、とっても励みになった。

なんとなくだけど、集まった各バンドが番組を成立させようと頑張ってる感じもあってよかったな。

今回もよい番組になってくれるとよいのだけど。


以下、再掲。公式より。

THE GAME Live
2013年5月30日(木)

今回のライブはテレビ番組の一環(収録ライブ&インタビューなど)として行われます。普段とは一味違った雰囲気をお楽しみ頂けたら嬉しいです。

*会場
渋谷 THE GAME

*時間 / 料金
open 16:30 / start 17:00 / ¥3,000 (1drink別)

*出演バンド
Ori-ska / etc.
(Ori-skaの出演時間は20:00前後)

続きは、公式の案内で。



slooProImg_20130527190523.jpg

日比谷でビール

オクトーバーフェストがやってるとのことで、ドイツビールにつられてノコノコ日比谷までやってきたよ。

乾杯。完全なる乾杯。

slooProImg 20130527190523 日比谷でビール

ドイツビールはやはり最高に味わえるビールのジャンルでありますね。
味がフルーティなものが多くて、たまんないっす。

野外もいいけど、次回はお店で飲みたいなと思ったのでした。やはりオクトーバーフェストってどうしてもガヤガヤMAXなので。

そして全く会話不能なオクトーバーフェストでは一杯だけ飲んで、スペインバルに移動した我々でしたが、そちらのお店もなかなか良かった。

スペイン料理は大変にダシが効いてるジャンルですので、食欲がたまらなくそそられますよ。
ピクルスと海老のアヒージョが特にうまかった。

はからずもヨーロピアンなハシゴでした。よきかな。


slooProImg_20130525151619.jpg

スネオヘアーのシークレットLIVEに行った

なんか新宿で八時にフリーライブやるよーってことなので、行ってきた。
前日届いた新作のアルバムはまだほとんど聴いてない上に、あんまりピンときてなかったのでどういうLIVEになるのかあんま想像できなかったけど、タダだし、ぐだぐだ行かない理由をあげる必要もないわけで。
とりあえず行きました。

んで、開始30分前くらいに到着。
やはりそれほど人気はないようだ。


slooProImg 20130525151619 スネオヘアーのシークレットLIVEに行った

八時ちょうどに嫁が合流し、そのままライブ開始。
基本的には新アルバムの曲をやってた。ワルツとバースデー以外は全部新曲?
キーボードとギターの音量が低めで残念。。。とくにキーボードは微塵もきこえなかった。。。
しかしそれがスネオの歌のうまさでカバーされていたりしてね、スネオの実力を改めて認識する結果にもなったりしたわけです。

スネ夫はいわゆるビザールギターを使っておりました。
ラスト曲でぶん投げたら、アンコール時にチューニングがあわないというハプニングも発生。
久しぶりに見たら太ってもおりまして、いかにもスネオヘアーらしいLIVEになんかほっこりしつつ、ファン熱再燃。

とりあえず、昔のアルバムとかを再び聴いてますが、新アルバムもちゃんとききこまないとな。




Allen stone見に行く

嫁がYouTubeで見つけてきたGLEEの新聞部みたいなアレンストーン氏をブルーノートに見に行きますよ。

マイナーな人なのかなと思ってたら、最近J-Waveで流れまくってるし、現在ワールドワイドツアー中らしいとのことで、ビッグスター感かもしてきた。

この曲が最近流れまくってます。



ライブもいい感じよー。



カバーでもソウルフル!



なにはともあれ楽しみです。
英語耳を鍛えつつ、来週を過ごすことにしよう。


そして古内東子

のLIVEに行ってきました。
バンドのメンバー三人で、激安中華料理を平らげてから、ブルーノートへ。

セカンドステージは入りの時にカオス。混みますね。

今回は古内さん20周年記念のベストアルバム発売に関連した、記念すべき初ブルーノートLIVEとのこと。

一曲一曲が名曲ばかりでした。
目当ての曲もやってもらえたし、いう事なし。

幸いにもギターの真ん前に座れたので、手元、足元を凝視。
今日は知念輝行さんという方がギター。
編成が自分のバンドと同じだったので、プレイが大変勉強になった。
自分のギターはまだまだ表現のレベルに至ってないなと痛感。

足元のペダルボードを見ると、BOSSのモディファイで固められてた。
なんとなく見覚えがあったので、ちょっと調べてみたら、SPIのモディファイぽい。一瞬WEEDとかAnalogmanかなとも思ったけど、ステッカーみえなかったしな。
エフェクターの使い所も大変勉強になりました。

peach melbaとかアップテンポの曲では、ベースの大神田さんが俄然キレがよかった。16のキレキレのベースラインは憧れるなあ。ごちそうさまでした。

しかし、やはり古内さんいいね!
またLIVEにいきたい。

slooProImg 20130208092318 そして古内東子


古内東子見に行く

ブルーノートで古内東子の公演を見にいくので、名曲動画を集めてみた。

誰より好きなのに



サヨナラアイシテタヒト



OK,OK



最近はこういう大人のポップスを書く人が少なくなって、さみしい限り。
大人っぽいメロディはよく聴くけど、歌詞がパンクだったり、子供っぽいフレーズの連呼だったり、今ひとつ共感できない曲が多い。
せっかくいい曲もらってても、本人の性格がマッチしてなくって、ラジオのMCで世界観ぶち壊しとかってケースも。

その点、この人は世界観そのままの人で、いつ聴いても古くならないイイ歌を書くなあ。と、思うわけです。